loading

イントロダクション & ストーリー

『アザーズ』のアメナーバルが仕掛ける実話に基づく衝撃のサスペンス!!

1980年以降 アメリカでは悪魔崇拝者による儀式が次々と告発され多くの人々がパニックと疑惑の渦に巻き込まれた。この映画は実話から着想を得て作られているーーー

アメナーバル×
イーサン・ホーク×エマ・ワトソン
多岐にわたる才能が集結した、
傑作サスペンスが誕生!

場面写真

スペインの鬼才アレハンドロ・アメナーバル監督の8年ぶりの長編作に主演するのは、事件を主導するブルース・ケナー刑事役に、アカデミー賞にノミネートされた『6才のボクが、大人になるまで。』のリンクレイター監督作品や『マグニフィセント・セブン』など様々なジャンルの作品に出演し、映画監督、作家としても活躍するイーサン・ホーク。父親を告発する少女・アンジェラ役に、『ハリー・ポッター』シリーズや『美女と野獣』の大ヒットも記憶に新しい当代きってのトップ女優エマ・ワトソン。抑圧された静かな語り口で、駆り立てられるリアルな恐怖を呼び起こす、傑作サスペンスが誕生した。

場面写真

謎に包まれた少女暴行事件
真実は彼女の“記憶”の中

1990年、アメリカ・ミネソタ。刑事のブルース・ケナー(イーサン・ホーク)は、父親の虐待を告発した少女アンジェラ・グレイ(エマ・ワトソン)の事件を取り調べる。驚くべきことに、訴えられた父は、記憶がないにも関わらず罪を認め、ケナー刑事は著名な心理学者(デヴィッド・シューリス)リグレッションとはの協力を仰ぐことに。アンジェラの記憶をたどりながら事件の真実を追うケナー刑事は、やがてこの町に秘められた恐るべき巨大な闇に迫っていく。

リグレッション